ト ッ プ 会社概要 主要設備 社長挨拶 業務内容 検査体制 環境活動 問合わせ リ ン ク

リン酸亜鉛被膜処理

化成処理

化成被膜処理剤としては、リン酸鉄系やリン酸亜鉛系等、リン酸塩が一般によく使用されますが、 対象金属の種類によって使い分ける必要があります。一般金属の場合はリン酸鉄系被膜処理が 又、亜鉛メッキ鋼板の場合にはリン酸亜鉛被膜処理がよく使用されます。アルミニウム及び アルミニウム合金の場合には一般にクロメート処理が施されます。化成被膜処理の良否は、塗膜の 付着に大きく影響しますので、特に注意が必要です。金属の種類とそれに適した化成処理剤の 種類を下表に示します。

化成処理剤 対象金属
リン酸亜鉛系鉄鋼、亜鉛
リン酸鉄系鉄、鋼
クロメート系アルミニウム
当社では金属塗装の前処理工程で、リン酸亜鉛系の被膜処理剤(貴和化学薬品製)を使用しています。 これにより金属表面にできた均一で緻密なリン酸亜鉛の皮膜は塗膜の密着性や耐食性を大幅に向上させる効果があります。
 Copyright(C)2008 Suntoso,co.Ltd, All Rights Reserved.